セラミドって?

セラミドとは人の肌表面で外部からの刺激を守るバリアの役目を果たし、角質のバリア機能をしている皮膚の角質層の大切な成分のことです。
いろいろな脂質が混合で出来ているのが「角質組織間脂質」ですが、「角質組織間脂質」の約4割がセラミドで、残りの6割には、スフィンゴ脂質や遊離脂肪酸などが組み合わされています。

 

セラミド

 

セラミドの役割

セラミド等の脂質が水と統合して、お肌の潤いをキープし、外部からの刺激や紫外線からお肌を守る大きな効果があります。
しかし、セラミドは加齢とともに低下し、お肌は少しずつ乾燥しやすくなってきますので、セラミドの摂取が重要となってくるのです。

 

セラミドが減るとバリア効果が弱まりますので、表皮から一部が剥がれ落ちてしまい、粉をふいたような状況になります。
このようにドライスキンや肌荒れなど問題には、セラミドを補うことで理想の美肌状態をキープし、様々な外敵から肌を守ることが、美肌作りのお手入れのキーポイントと言えるでしょう。

 


セラミドで生まれ変わった私の肌

乾燥性敏感肌で水洗顔でも顔がヒリヒリ・・・。
乾燥性敏感肌には冬の乾燥冷気は地獄でした。

 

そんなひどい症状だった私ですが、セラミド配合のクリームを塗り始めてから肌の状態が改善されました。
セラミドは本当に肌を守ってくれていると実感できるほどの効果でした。

 

それ以来、セラミド配合の化粧品はいくつも試しています。
内側からのケアも重要なので、セラミドのサプリメントも愛用♪
1年ぐらいでお肌はすっごく強くなり、夏にはクリームいらないかも?と思えるほどです^^
今まで使った中で特によかったセラミド配合の化粧品を、2つ紹介しますね♪

 


更新履歴