モコモコ泡で洗顔しよう♪モコモコ泡のつくり方

泡立てていない洗顔フォームを手に付けてそのままこすると、手と顔が摩擦で顔がダメージを受けてしまうのです。
しかし、しっかり泡立ててから、洗顔料の泡で洗うようにすると、泡の弾力でお肌へのダメージは無くなります。
また、汚れは泡で絡め取って落とす事が基本なので、やはり泡だては基本となります。

 

「泡立て」ってちょっと秘訣があったりします。
上手く泡立てることができない人やモコモコの泡にならない人は、次のことを気を付けてみてください。

 

まず洗顔前に手をキレイに洗う事

手に油分や汚れが付着していると、洗顔フォームがモコモコに泡立ちません。
顔を洗う前に手洗い石鹸などでしっかり手の汚れや油分を落としましょう。

 

洗顔料はケチらずにをたっぷり出すこと

洗顔料のボリュームが少なかったら泡が立ちにくいです。
洗顔料の裏面などにどの程度使うか表示がありますので、それを参考にして、規定量の洗顔料を手に出します。

 

できれば泡立てボールやネットを使う事をオススメします。
あれを使うと手軽に泡がモコモコ立ちます。
モコモコ泡がそれだけでできることもありますが、更にモコモコにしたいときは、そこからさらに泡立てます。
そうすると、モコモコ泡の洗顔泡の出来上がりです。

 

≫≫≫ ヒト型セラミド配合の石鹸はこちら!

よく読まれている記事