乾燥による痒み

冬になるとお肌が乾燥し、痒みを感じる人は多いのではないでしょうか。
いつもでも乾燥しがちな肌が、冬の乾いた気候で、更に乾燥してカサカサになりかゆみが増加します。
乾燥したまま放置しておくと、しもやけなどの要因にもなります。

 

乾燥によるお肌のかゆみを抑制するには何と言っても保湿です。
保湿クリームや保湿ローションを塗って肌を保護し、乾燥から守る事を忘れないようにしましょう。

 

お肌の痒みの要素は、ヒスタミンによるものが一般的です。
そのため大体の場合、病院で診察してもらっても、処方される薬は抗ヒスタミン剤がほとんどです。
ヒスタミンが痒みの原因になる要因としては、外部からの刺激やアレルギーによるものや疾患などありとあらゆる事が考えられます。

 

皮膚が痒くなる要因がわかることで、痒みを抑制するための対処方法は絞り込めますので、対策が可能です。
民間療法として、かゆみが強い場合は、冷やすと痒みが緩和するということがあります。

 

患部の体温が上昇することで、痒みは増加しますので、水や氷で冷却する事で、痒みも緩和されるのです。
応急措置としては手軽なので、痒くなったら試してみてください。

よく読まれている記事